歴代のスケートオブザイヤーを紹介

Andrew Reynolds

1998年スケーター オブ ザ イヤーは大物アンドリュー・レイノルズ

Skater of the year、訳してSOTY。THRASHER Magazineがその年の一番活躍したスケーターを表彰しています。オンラインやDVDでパートをアップし、その栄光をプロのスケーターが目指しています。

歴代のSOTY受賞者90年代

  • 1990 Tony Hawk
  • 1991 Danny Way
  • 1992 John Cardiel
  • 1993 Salman Agah
  • 1994 Mike Carroll
  • 1995 Chris Senn
  • 1996 Eric Koston
  • 1997 Bob Burnquist
  • 1998 Andrew Reynolds
  • 1999 Brian

90年代は今でいうところの大御所が揃っていますね。

初代SOTYは、トニー・ホーク。バーチカル(でかいランプのこと)での偉業は数々あります。今でも新しいトリックへの探究心はさすがです。

2代目は、ダニー・ウェイ(Danny Way)。プランビー(Plan B)を復活させスター軍団を率いており、兄が作ったスケートシューズのディーシー(DC Shoes)の初代からずっとメンバーです。メガランプや中国の万里の長城を飛び越えるなど、歴史を残しています。

1992年は、ジョン・カーディエル。残念ながら交通事故により昔のように、思うようにスケートができないとインタビューで語られていました。バックブランドのクローム(Chrom)をプロデュースするなどスケーターのみならず、ストリートカルチャーに影響を残しています。

1993年はサルマン・アガー。現在はピザとアパレルのピザニスタ(Pizzanista)をプロデュース。

1994年は、マイク・キャロル(Mike Carroll)。リック・ハワード(Rick Howard)とともにプランビー(Plan B)から独立しガール(Girl Skateboards)を立ち上げました。

1995年は、クリス・セン(Chris Senn)411VMのコンテストではかなりの大会で優勝していた記憶があります。元祖スピードスター・。

1996年は、エリック・コストン(Erick Koston)。ご存知の方も多いと思いますが、ベリックスの共同創設者。この頃は、マイク・キャロルと同じガール(Girl Skatebards)に所属。

1997年は、ボブ・バーンクイスト(Bob Burnquist)。バーチカルでのコーグラブ360や、コーピングを使ったグラインドトリックで新しいバーチカルのスタイルを作ったと思います。ベガランプも果敢にトライ。

1998年は、ボスことアンドリュー・レイノルズ(Andrew Reynolds)。この頃は、トニー・ホークのブランド、バードハウス(BirdHouse)のライダー。のちにベーカー(Baker)、デスウィッシュ(Deathwish)などのブランドを立ち上げることに。

1999年は、ブライアン・アンダーソン(Brian Anderson)。この頃はトイマシン(Toy Machine)に所属し、ボーズで怖いオーラ満点、ハンマートリック量産でした。少し前に自分自身のことをカミングアウトしましたが、私たちスケーターがブライアンを尊敬して愛していることに変わりはありません。

 

私が高校生だった1998年のSOTYはAndrew!

Birdhouse THE END
Birdhouse”THE END”

1998年のSOTYは、Andrew Reynolds。その年は、”Birdhouse-The END”が発売された年で、AndrewとDj Shadow”
Organ Donor “の音楽がめちゃくちゃかっこよかった。

Chad MuskaとTom Pennyに影響されていた

Andrew Reynolds "THE END part"
Andrew Reynolds “THE END part”

インタビューでは、Chad Muska,Tom Pennyのスケートに影響されていたようです。この2人がSOTYにえらばれていないのも不思議ですが。

 

 

  • 2000 Geoff Rowley
  • 2001 Arto Saari
  • 2002 Tony Trujillo
  • 2003 Mark Appleyard
  • 2004 Danny Way
  • 2005 Chris Cole
  • 2006 Daewon Song
  • 2007 Mark Johnson
  • 2008 Silas Baxter-Neal
  • 2009 Chris Cole

2000年は、ジェフ・ローリー(Geoff Rowley。ザ・バンズ(Vans)といイメージです。トム・ペニー(Tom Penny)率いるフリップ(Flip Skateboards)のライダーでした。とにかくロックなスケートで、ハンドレール、でっかいレッジ、ギャップ越えなどクラシックなハンマトリックを量産。現在はスケーター兼環境活動家。

2001年は、アート・サーリ(Arto Saari)。やっぱりフリップ(Flip Skateboards)のライダー。ヨーロピアンなスタイリッシュなスケーターであり、フォトグラファーとしても活躍。

2002年は、トニー・トルフィーヨ(Tony Trujillo)。やっぱりロック!アールもハンドレールもとにかく印象に残るライディング。2000年東京都渋谷区恵比寿で開催されたアンタイトルド(Untitled)で初めて見た時はカッコよかった!ずっと変わらずアンチヒーロー(Antihero)のライダー。

2003年は、ヨーロピアンのマーク・アップルヤード(Mark Appleyard)。スケートシューズ、グローブ(Globe)のライダー。エーリアンワークショップ(Alien Workshop)のライダーであり現在は、エレメント(Element Skateboards)に所属。

2004年は2度目の快挙達成、ダニー・ウェイ(Danny Way)。大きな怪我も克服。

2005年はクリス・コール(Chris Cole)。ジェイミー・トーマス(Jamie Thomas)が主催するゼロ(Zero Skateboareds)のライダーでした。このころ大会でも、ベリックスでもハンマートリックを残していました。

2006年は、デーウォン・ソン(Daewon Song)。ワールドインダストリー(World Industries)からデカ(DECA Skateboards)、スケートシューズディーブイエス(DVS)に所属していました。現在はご存知の方も多いと思いますが、サンキュー(Thank You)を主催、アディダス(adidas Skateboards)のライダーです。

ものを大切しに、スケボーデッキシューズも大事に扱います。スケートトリック量産で、私は411VM #19でからデーウォン・ソンのファンです。

2007年は、マーク・ジョンソン(Mark Johnson)。デーウォン・ソンと同様に新しいトリックへの創造力がすごいです。

2008年は、サイラス・バクスター・ニール(Silas Baxter-Neal)。スタイルがカッコおよく、ハビタット(Habitat)のライダー。

2009年は、ダニー・ウェイに引き続きクリス・コール(Chris Cole)

2010 Leo Romero
2011 Grant Taylor
2012 David Gonzalez
2013 I shod Wair
2014 Wes Kremer
2015 Anthony van Engelen
2016 Kyle Walker

その他の歴代のスケーターはまた紹介します!