プロスケーター赤熊寛敬さんが教えるバックサイド180 オーリー

Source YouTube How to skateboardHow To
Source YouTube How to skateboard

How to バックサイド180オーリー

こんにちは、ジアライズです。
ご覧いただきありがとうございます。

さて、今回はグラインドトリックのHow To動画を紹介します。親切丁寧な教え方が人気のプロスケーター、赤熊寛敬さんがバックサイド180オーリー(Backside 180 Ollie)のHow To動画です。

プロスケーター赤熊寛敬さん

1994年AJSAアマストリート優勝、翌年の1995年からプロスケーターとして活躍。95年くらいからスケボーを始めた私にとっては日本のスケートシーンで常に活躍している姿を見てきました。

当時は、スケボーの雑誌も多く日本版のスラッシャー(THRASHER Magazine)や日本版トランスワールド(TransWorld Skateboarding)、ウィール(Wheel Magazine)などスケーターにとってはいろいろな情報源がありました。そして、ビデオも多くリリースされていました。その雑誌やビデオには、必ずと言って良いほど、赤熊さんが登場します。

浦安からスタートした老舗スケートショップのインスタント(Instant)のライダーでもあり、舞浜スケートパークの歴史を知る方でもあります。

昔から大人な感じはずっと変わりません。

赤熊寛敬さんが教えるバックサイド180のポイント

バックサイド180では、ドライブと4輪着地があります。4輪着地はそのままですが、ドライブとは、テール側のウィールを地面に擦って180をすることです。

バックサイド180・ドライブのポイント

  • 上半身を先行
  • テールは真下に
  • 頭を下げない

バックサイド180・4輪着地のポイント

  • ピークが90度
  • デッキの中心を軸にまわる
  • 両足でデッキを動かす

詳しくは、くまトレの映像をどうぞ。
いつも丁寧にスケボーのハウトゥーを紹介していますので、「いいね」の評価をしましょう

また次回のハウトゥーを期待して待ちましょう

出典:YouTube くまトレ Channel