スポンサーリンク

プロスケーター赤熊寛敬さんが教えるグラインド50/50のポイント

Source YouTube How to skateboardhow to
Source YouTube How to skateboard

How To グラインド基本トリック、フロントサイド50/50

こんにちは、ジアライズです。

ご覧いただきありがとうございます。

さて、今回はグラインドトリックのHow To動画を紹介します。親切丁寧な教え方が人気のプロスケーター、赤熊寛敬さんがグラインドトリックの基本、府フロントサイド50/50のHow To動画です。

赤熊寛敬さん

1994年AJSAアマストリート優勝、翌年の1995年からプロスケーターとして活躍。95年くらいからスケボーを始めた私にとっては日本のスケートシーンで常に活躍している姿を見てきました。

当時は、スケボーの雑誌も多く日本版のスラッシャー(THRASHER Magazine)や日本版トランスワールド(TransWorld Skateboarding)、ウィール(Wheel Magazine)などスケーターにとってはいろいろな情報源がありました。そして、ビデオも多くリリースされていました。その雑誌やビデオには、必ずと言って良いほど、赤熊さんが登場します。

浦安からスタートした老舗スケートショップのインスタント(Instant)のライダーでもあり、舞浜スケートパークの歴史を知る方でもあります。

昔から大人な感じはずっと変わりません。

赤熊寛敬さんが教えるグラインド、フロントサイド50/50、3つのポイント

  • アプローチの角度:カーブに対して少し角度をつけ入る

  • トラックのかけ方:トラックをカーブに対して深くかける

  • 重心の置き方:足全体でカーブの角の上に立つように

グラインドトリックのフィフティー/フィフティー(50/50)ができるようになると、削っている感じ、音を実感することができます。

ジアライズ的50/50のポイント

練習するには、まずはカーブ(縁石)の高さは低い方が良いです。道路の白線などでも良いと思います。カーブに対して乗っかるようにオーリをする感じです。

初めはなかなかオーリーでアウトすることが難しいと思いますので、切れているカーブでグラインドした勢いでアウトすることが良いと思います。y

くまトレ50-50グラインド【How to スケボー】50-50グラインド・オーリーの応用お話します
出典:YouTube くまトレ Channel

How To Ollie

プロスケーター赤熊寛敬さんが教えるオーリー3つのポイント
1995年からプロスケーターとして活躍し続けている赤熊寛敬さんが舞浜スケートパークでオーリー3つのポイントをHow to。