グルーガンでスケシューを修理 Part2

グルーガン

グルーガンでスケシューを補修と失敗談

こんにちは、ジアライズです。

だいぶ使い倒したスケシューを、ストックしてあるNIKE SBに変えようと思いました。

天気予報をみると、スケボーレッスンが終わった帰り道は雨が降りそうです。そのため新品を履くのが少しためらい、最後の一回というわけで
グルーガンで補修をする事にしました。

サイド部の修理まバッチリですが、ソールをグルーガンで補修することは失敗となりました。

グルーガンでソールを修理するのは不向き

オーリーやフリップをするときに擦れるサイドの部分はグルーガンで補修でき、よく引っかかります。

しかし、ソールの修理は難易度がかなり高く、上手にグルーガンを使わないといけません。プッシュした時に凹凸の違和感があり、そしてすぐに剥がれてしまします。

スケートシューズをグルーガンで補修
スケートシューズをグルーガンで補修前
スケートシューズをグルーガンで補修
スケートシューズをグルーガンで補修

ソール(靴の底)が穴が開いたら、素直に取替えですね。
今まで活躍してくれて、ありがとう!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
これからも、スケーターの皆さんのお役に立てる情報を発信していきます。

もしよろしければ、Facebookにいいね、インスタグラム・ツイッターをフォローをしていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

インスタグラム
https://www.instagram.com/zealize/

ツイッター
https://mobile.twitter.com/zealize