スポンサーリンク

Fucking Awesomeの総集編を紹介

スケーター紹介

Jason Dillのスケートブランド、Fucking Awesomeを紹介!

こんにちはジアライズです。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、スケーターのJason Dill(ジェイソン ディル)がプロデュースするスケーターブランド、Fucking Awesomeを紹介します。

まずは、Fucking Awesomeの総集編をどうぞ!

Fucking AwesomeはJason Dillが率いるスケートボードカンパニー。

Fucking Awesomeはジェイソン ディルが今まで経験した事が、そのまま表現されていると思う。

デッキのデザインをみても、ウェアーのデザインをみても、今までにない、独特な雰囲気をもっている。ディルの魅力がそのまま表れていると思う。

インタビューを紹介

ドイツのカルチャー誌、『032C』にインタビューが載っていましたので、抜粋を紹介します、

1976年カリフォルニアで生まる

スケートを始めた当時、仲の良かったスケーターは、プロスケーターのエド・テンプルトンだったそうです。当時のスケートスタイルは、だぼだぼのジーンズで、DCとDroorsがとても人気があった。日本でもDC DROORSは人気がありましたよね、

Jason Dill

Jason Dill
032c.com

1991年、15歳で最初のスポンサー、ウィールブランドのスピットファイアがつく。
その後、Natas Kaupasが率いるWorld Industries 101チームに加入。
スケートの大会によくエントリーしていたそうです。

93年にGino ianrich keith hafnagelと出会いニューヨークにわたり、
Supremeメンバーとのストリートカルチャーが強い影響があったそうです。

ニューヨークでは、アンダーグラウンドな世界を色々と経験したみたいです。タクシーのリア席で、女性としたのもニューヨークだとのこと。

エーリアン・ワークショップ時代

エイリアン・ワークショップ(AWS)のプロであるJosh KalisとRob Dyrdekと、カナダで大会に参戦後、1998年にチームに加わりました

エーリアン・ワークショップ”Photosynthesis”でのビデオでのパートが、スキルの頂点だと思っているそうです!
特に、360flip-Fakie shove-it バリアーごえ-板つかんでステアーくだってからの、ステアーOllie。スタイリッシュです。

Alien Work shop-“Photosynthesis”

Classics: Jason Dill "Photosynthesis"
Epicly Later’d ジェイソン・ディル(Jason Dill)

 

インタビューの詳細は英語ですがご参考ください。

JASON DILL Takes us to Hell and Back to FUCKING AWESOME - 032c
In a skate odyssey documented with drawings and pictures from JASON DILL’s personal archive, the skate legend takes us to hell and back to Fucking Awesome. The ...