歴代スケーターオブザイヤー、デーウォン ソンを特集

SOTY Daewon Song

スケーターオブザイヤー2006 デーウォン ソン

こんにちわ、ジアライズです。
今回は、2006年にスケーターオブザイヤーの輝いた、デーウォン ソン(Daewon Song)を紹介したいと思います。

マニュアルマスター、トリックスターのデーウォン ソンの魅力をお伝えしたいと思います。

スケーターオブザイヤー

スケーターオブザイヤーとは、
その年に一番活躍したスケーターに与えられる、スケーターオブザイヤー。1990年に始まり今年2017年で27年となります。今まで26人のスケーターがスケーターオブザイヤーに選出され、2017年はDeathwishのジェイミー フォイが選出されまいた。

Danny Wayは過去2回、スケーターオブザイヤーを獲得しています。

さて、今回は2006年スケーターオブザイヤー、好きなスケーターの1人、デーウォン ソンを紹介します。

デーウォン ソン(Daewon Song)

Daewon Song
Daewon Song
出典:almostskateboards.com

デーウォン ソンの代名詞といったら、マニュアルトリック、ランプトリック、セクションを組み合わせたアレンジなど、とても印象深いです。

特にぜひ観ていただきたい映像を、まずは紹介したいと思います。

『Rodney Mullen VS Daewon Song』(1997)

出典;YouTube THRASHER Magazine

『Daewon Song and Craziest Trick Contest』

出典;YouTube Ride Channel

『The Berrics – Daewon Song Populist 2014』

出典:YouTube The Berrics

デーウォン ソンのこだわりがすごい

Almost Skateboards(オールモースト)にデーウォン ソンのこだわりが載っていましたので紹介します。ますます好きになること間違いなしです。
あの優しい笑顔の理由がわかる気がします。

そのこだわりをいくつか紹介いたします。

あなたの履いている靴の方が、デーウォンの靴よりも恐らくいい

デーウォンは、スケートシューズをとことん履き続けるそうです。長いことDVSというスケートシューズカンパニーからサポートを受けて、自分のモデル(シグネチャーモデル)を出しています。スケートシューズには困らないはずですが、ボロボロになってつま先が飛び出で、やっと新しいシューズをお願いするそうです。

Daewon’s Skate Shoes
Daewon’s Skate Shoes
出典:almostskateboards.com

2016年からシューズは、アディダス スケートボーディングに移籍しましたが、変わっていないと思います。

デッキの太さ1/16の違いがわかる

17年間ほぼ同じシェイプの板に乗り続け、わずか1/16(15mm)の太さの違いも気になってしまう。
お小遣いを貯めてやっと買ったようにデッキを大切にする

デッキの発注は、月に2枚程だそうです。アマチュアの方がたくさん発注して持って行くのに対し、1枚1枚を大切に扱い、数回程度乗っただけで取り替えるような事はしないそうです。

知れば知るほど、デーウォン ソンが好きになりますね。

詳しくは、AlmostのHPをチェック!

参照:Almost skateboards
https://almostskateboards.com/daewon-15-facts/

2015年までスケートシューズカンパニー、DVSに所属

出典:YouTube DVS Shoe Company

2016年からは、アディダス スケートボーディングに移籍!世界中をツアーしています!

出典:YouTube VICE Sports

スポンサー
Almost,adidas Skateboarding,Spitfire,Matix Clothing,Mob Grip,Tensor Trucks Andale Bearings

1975年生まれ