ストリートリーグも大詰め、シカゴで優勝が期待される堀米雄斗選手

ストリートリーグ

現地時間の8/13日にシカゴで開催されるSLSに出場する堀米選手をピックアップ

さあ、いよいよ開催間近にせまった、ストリートリーグ2017(Street League Skateboarding,訳してSLS)。

日本とシカゴの時差は14時間。日本の方が14時間進んでいる事になるので、日本では8/14日の開催となります。

8/13 15:00から20:30まで試合が行われます。日本では朝の05:00から10:30の期間です。14日の朝に起きるのが楽しみです。

 

5月にスペインはバルセロナで開催された、SLS・プロオープンに招待された堀米 雄斗選手はいきなり3位を獲得し、ストリートリーグのプロに認定。

6月にドイツはミュンヘンで開催された、SLS・ワールドツアーでは、堀米選手は僅差で2位。最後のトリックがメークできていたら1位の可能性がありました。

ストリートリーグについて、詳しく説明をしていますので、ぜひご覧ください。

2017年日本勢の活躍がすごい!ストリートリーグについて改めて紹介

最終戦のスーパークラウンに参加できるかがポイント

ストリートリーグ
ストリートリーグ・スーパークラウン

ストリートリーグは、名前の通りリーグ戦となっている。リーグ戦の優勝や成績の上位8人が最終戦のスーパークラウンに参加する事ができる。まさに最強の中の最強のスケーターを選ぶ最終戦がロサンゼルスで開催される。

そのスーパークラウンに参加するためには、8/13(日本時間では8/14)にシカゴで開催されるワールドツアーが重要となる。

スーパークラウンの切符は残り4人

スーパークラウン
スーパークラウンは残り4切符

上位8人が参加できるスーパークラウンは、すでに4人が決定しているため、残りは4人。

  1. Nyjah Huston(絶対王者)
  2. Louie Lopez(2017年タンパ プロ優勝)
  3. Kelvin Hoefler(2015年王者)
  4. Shane O’neill(2016年王者)

スーパークラウンに勝ち進むために、初優勝を目指す堀米選手を応援しましょう。

最初のスポンサーは千葉の老舗スケートショップ『インスタント』

堀米選手の実力を見抜いていたのは、10歳の時に初めてスポンサーをした千葉県浦安にある老舗のスケートショップ『インスタント(instant)』。

20年以上の歴史がある。社長の本間さんは数多くのスケボーの大会でMCをされています。

最近では、アメリカのスケートボードメーカー、『Blind』に加入。

『Blind』といえば、レジェンドスケーターのロンクリこと、Ronnie Creager。

そして、SLSのプロとして、ストリートリーグに堀米選手と参加している、Cody Mcentire。

今後の活躍に期待しています。