田町スケートパーク(TMC)が存続の危機

田町スケートパーク閉鎖の危機

田町スケートパークが存続かはスケーター次第

こんにちは、ジアライズです。

これまで、日本のスケートシーンを支えてきたTMCこと、田町スケートパーク(夕凪橋際遊び場)が存続の危機に面しているので、紹介します。

TMCが生きるも死ぬもスケーター次第

都内、特に23区内では有数のスケートパーク、田町スケートパーク。TMCなどとも呼ばれるこのパークは、20年近い歴史があり日本のスケートシーンを支えてきたほか、海外のスケーターも多く訪れ、Harld Hunterもその一人。

さて、そんな都内有数のスケートパークが存続の危機に面している。

パーク周辺は全面スケボー禁止

田町スケートパーク周辺は、再開発が進みさらに駅周辺が今風のオフィス街へと進化している。さらには少し前にできた芝浦アイランドの高級高層マンションが、スケボーと相反している雰囲気があります。

田町駅周辺から、川沿い、海岸通り沿いはスケボーが全面禁止になっているので、ここでスケボーをしてしまうと、罰として田町スケートパークが閉鎖されます。

今回で3回目の閉鎖

まず、スケートパークはスケーターのためにあるものです(田町はバスケットボールの方もいらっしゃいます)。その存続には、スケーターのマナーにかかっています。田町駅周辺から広範囲にわたり、スケボー禁止地区です。

『少しぐらいならいいか』という、身勝手な行動で、大勢のスケーターが田町で滑れなくなります。田町がスケートパークとして存在してきたのは、港区に相談して滑れるようにしていただいた先輩方のおかげです。

スケートパークがあるという感謝の気持ちを忘れずに、ルールは守りましょう。
大切なスケートパークを残すのも、スケーターの行動で決まりますね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
これからも、スケーターの皆さんのお役に立てる情報を発信していきます。

もしよろしければ、Facebookにいいね、インスタグラム・ツイッターをフォローをしていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

インスタグラム

https://www.instagram.com/zealize/

ツイッター

https://mobile.twitter.com/zealize