ストリートリーグ(SLS)が東京オリンピックの道へ

ストリートリーグと東京オリンピックが提携

ストリートリーグと東京オリンピックが提携

こんにちは、ジアライズです。

今回は、Rob Dyrek(ロブ・デューリック)が主宰するスケートボードの大会、Street League Skateboarding(SLS・ストリートリーグ)が東京オリンピックとの提携するというニュースを紹介します。

ストリートリーグは世界最高峰のスケボーの大会

1回の優勝賞金が100万ドル(約1,000万円)のスケートボードのリーグ戦。世界からトップの中から厳選された、スケーターが参戦しています。

日本人では、堀米雄斗さんの2017年の活躍が記憶に新しいです。さらにはガールズスケーターの西村碧莉(あおり)さんもストリートリーグに招待され、活躍されています。

ストリートリーグ2017・スーパークラウンの優勝は?

ストリートリーグが世界スケートボード選手権に正式認定

ストリートリーグのワールドツアーと、リーグ戦の上位8名のみしか出場できない最終戦のスーパークラウンがオリンピック出場の権利となりそうです。

Damn Amでの活躍がオリンピック出場につながる!

ストリートリーグDAMN AM JAPAN
ストリートリーグDAMN AM JAPAN

ストリートリーグに参戦権が得られるのは、アマチュアが参戦するDamn Amです。5月に日本の静岡県で初開催されます。そこで良い成績を収めることができたら、2019年にはTampa Amへのステッアップ、ストリートリーグの道が開けることになるので、重要な試合になりますね。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

これからも、スケーターの皆さんのお役に立てる情報を発信していきます。

もしよろしければ、Facebookにいいね、インスタグラム・ツイッターをフォローをしていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

インスタグラム

https://www.instagram.com/zealize/

ツイッター

https://mobile.twitter.com/zealize