DGK x Transworld Josh Kalis

DGK,Josh Kalis,Transworld

The Sixth Sense

こんにちは、ジアライズです。
今回紹介するのは、映像の構成が素敵すぎるトランスワールド<Transworld>のジョシュ・キャリスのパートです。

Transworld Sixth Sense

1998年に発売されたトランスワールド第6作品目です。フューチャーされているスケーターは、

  • ブラッド・ステイバー<Brad Staba>
  • ブライアン・アンダーソン<Brian Anderson>
  • フランク・ヒラタ<Frank Hirata>
  • ケニー・アンダーソン<Kenny Anderson>
  • マイク・クラム<Mike Crum>
  • そして、ジョシュ・キャリス<Josh Kalis>です。

イヤー、みんなかっこいいんですが、私はフランク・ヒラタとジョシュ・キャリスに影響受けました!

LOVE PARK

ジョシュ・キャリスとスティーヴィー・ウィリアムスStevie Williams>のスケートシーンには、よくフィラデルフィアのラブパーク<LOVE PARK>が出てきます。

そう、2人は毎日ラブパークですべっていました。ラブパークには、スケートパークとしての要素が全て揃っていたからです。

スケートパークではないのに、数々の伝説を残してきたラブパークは、現在はスケートすることができません。

スケーターが毎日いることで、犯罪者や浮浪者がいなかったのに、スケーターを締め出したことで治安が悪化するという結果となったそうです。

以前、「First Love」というビデオを観ました。またその映像は改めて紹介したいと思います。

このラブパークで出会ったのが、後々ディージーケー<DGK>の結成するジョシュとスティーヴィーです。

DGK x Sixth sense x The Reason x Transworld

Sixth Sense」と「 The Reason」はジョシュとスティーヴィーの友情を表現し、その数年後に結成されるDGKへと舞台を整えたとされています

出典:YouTube DGK Channel

1件のコメント

コメントは停止中です。