スポンサーリンク

東京2020大会、何度見返してもヤバい堀米雄斗さんのハンマートリック

Yuto Horigome is Pro Skater April Skateboardsスケートビデオ紹介
Yuto Horigome is Pro Skater April Skateboards

9クラブ連発。東京2020大会初代王者・堀米雄斗さんのトリックを振り返る。

こんにちは、ジアライズです。
ご覧いただきありがとうございます。

さて今回は、東京2020大会から正式種目となったスケートボードの初代王者、堀米雄斗さん(Yuto Horigome)のトリックを振り返りたいと思います。

できる限り、スケートボードに詳しくない方にもわかる様にジアライズ的に解説をしたいと思います。
まずは、東京2020大会へ各国の代表として参加された選手の方々に敬意を表します。最高のスケートボードの大会をありがとうございました。

スケートボードの競技も、男子・女子ともにとても素晴らしい成績を残す事ができました。アツい大会になったのは、やはり良きライバルがいて、お互いを認めあい、レベルが上がってきたからだと思います。

参加することに意義があると言われると思いますが、本当にそうだと思います。それでは、スケートボード男子ストリートの参加選手を振り返ります。本当に世界最高峰の大会です。

東京2020大会男子ストリート選手

堀米 雄斗(Yuto Horigome)

  • 日本代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:April Skateboards,Venture Trucks,Spitfire Wheels,Nike SB,Andale Bearings,Diamond Supply

東京2020大会金メダリスト。
オーストラリア代表、シェーン・オニールがプロデュースするスケートボードブランド、Aplir Skateboardsからシグネチャーモデルを発売し、アメリカでのプロスケーターの夢を叶える。
愛車はテスラ。

白井 空良(Sora Shirai)

  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:Blind Skateboards,Nike SB

以前堀米雄斗さんが所属していたアメリカのスケートボードブランド、Blindから自身のシグネチャーモデルを発売。スケートボードとBMXを練習する事ができる「The Park Samukawa」をプロデュース。

青木 勇貴斗(Yukito Aoki)

  • 日本代表
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:Element Japan,DC,Spitfire,

ナイジャ・ヒューストン(Nyjah Huston)

  • アメリカ合衆国代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:Disorder Skateboards,Nike SB,Ricta Wheel,Monster,Diamon

東京2020大会直前に、自身のスケートブランド「Disorger」を始動。
13歳まで髪を伸ばし続け、ドレッドヘアーがアイコンのスケーターでした。その後髪を切り、現在はタトューを約200箇所、皮膚の9割に入れる。
一時期、スケートシーンから離れ、生活が厳しくなるも。ストリートリーグに参戦し、活躍。スケートボードでアメリカンドリームをつかみ取った多くのスケーターから愛される。
慈善活動にも力を入れており、「LetIt Flow」の活動を通して、世界に綺麗な水と衛生設備を提供。
東京2020大会ファイナリスト。

シェーン・オニール(Shane O’Neill)

  • オーストラリア代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:April Skateboards,Thunder Trucks,Spitfier Wheels,Nike SB,Diamond Supply

東京2020大会金メダリスト、堀米雄斗さんが所属するApril Skateboardsをプロデュースするスケーター。

フェリペ・グスタボ(Felipe Gustavo)

  • ブラジル代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:Plan B,Venture Trucks,Bones Wheels,adidas Skateboarding,FKD Bearings,Diamond Supply

Danny Way,Collin Mckayが復活させたPlan B Skateboardsのライダー。

ビンセント・ミルウ(Vincent Milou)

  • フランス代表
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:Pizza Skateboards,Independent Trucks,Spitfire Wheels,Globe shoes,Bronson Bearings,Mob Grip

東京2020大会ファイナリスト

ジャガー・イートン(Jagger Eaton)

  • アメリカ合衆国代表
  • スタンス:
  • スポンサー:The Heart Supply,Independent Trucks,Bonse Wheels,red Bull,Cariuma Shoes

ハートサプライは、エレメント(element Skateboards)の創設者であるジョニー・シレレフ(Johnny Schillereff)とその家族によって設立されたブランドです。収益の一部は子供達にスケートボードをプレゼントするために使われるそうです。

東京2020大会銅メダリスト

ミッキー・パパ(Micky Papa)

  • カナダ代表
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:Blind Skateboards,Venture Trucks,Ricta Wheels,adidas Skateboarding,Grizzly,

ケルビン・ホーフラー(Kelvin Hoefler)

  • ブラジル代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:Powell-Peralta,Cariuma Shoes,Monster,G-Shock

東京2020大会銀メダリスト。

2015年タンパ・プロ3位になり、ストリートリーグ・スーパークラウンに参加し、なんと優勝のアメリカンドリームを達成したブラジリアンスケーター。過去には大怪我にあったが、復活。

アウレルアン・ジラウド(Aurelien Giraud)

  • フランス代表
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:Plan B Skateboards,Independent Trucks,Haze Wheels,

東京2020大会ファイナリスト

マット・バーガー(Matt Berger)

  • カナダ代表
  • スポンサー:Flip Skateboards,Thunder Trucks,Bones Wheels,Bones Bearings,Mob Grip,Monster

マニー・サンティアゴ(Manny Santiago)

  • プエルトリコ代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:Ecko,Grizzly,Krux Trucks,Andale Bearings,

グスタボ・リベイロ(Gustavo Ribeiro)

  • ポルトガル代表
  • スタンス:グーフィー
  • スポンサー:Jart Skateboards,Red Bull,Cariuma Shoes

東京2020大会ファイナリスト

アンジェロ・カーロ・ナルバエス(Angelo Caro Narvaez)

  • ペルー代表
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:Jart Skateboards,adidas Skateboards,Red Bull

東京2020大会ファイナリスト

 

アメリカを中心に活躍する、プロスケーターです。よくスラッシャーマガジン(Thrasher Magazine)などにビデオパートがアップされるスケーターばかりです。

ここまでのスケーターが集まる大会ということが、本当に素晴らしい。

さて、それではナインクラブ(9点以上の超高得点)を集めたNHKの映像を解説します。
映像は規制のため埋め込みをする事ができませんので、リンクを貼って起きます。

【NHK】スケートボード スゴ技トリック集

【NHK】スケートボード スゴ技トリック集 | 男子ストリート | 東京オリンピック

アウレリアン・ジラウド・Tre Flip(360 Kick Flip)50/50

トレフリップとは、デッキを縦方向と横方向に1回転ずつさせるトリックです。

このトレフリップから、ハンドレールにフィフティー・フィフティー(50/50)というグラインドをかける正確なデッキコントロールがヤバすぎます。

グラインドとは、デッキとウィール(タイヤ)を連結させている金属の部分(トラック)を掛けるトリックです。

魅せますね!

アンジェロ・カーロ・ナルバエス・Tre Flip(360 Kick Flip)Board Slide

前述のトレフリップからのボードスライドです。スライドとは、デッキで滑る事です。

この複合トリックは、やっぱりデッキの正確なコントロールがヤバいです。しかもハンドレールでやっちゃうところがニクイ!

堀米 雄斗・Nollie 270 Boardslide

堀米さんの伝家の宝刀です。

ノーリーとは、スイッチのフェイキーという事です。え?という方もいらっしゃると思いますので、解説します。

スケボーでは、スタンスと呼ばれる足の位置があります。スタンスにはレギュラーとグーフィーの2種類があります。

  • レギュラー:進行方向に対して、左足が前、右足が後
  • グーフィー:進行方向に対して、右足が前、左足が後

トリックをする場合、通常後ろ足で弾きます。
フェイキーとは、トリックをする場合、進行方向に対して前側を弾く事です。逆走する様なイメージです。

続いて、普段レギュラースタンスの人が、グーフィースタンスでトリックをしたり、普段グーフィースタンスの人がレギュラースタンスでトリックを行う事をスイッチ(Switch)と言います。スイッチでトリックをした方がトリックの難易度は上がります。

そして、スイッチスタンスでフェイキーでトリックをすることが、ノーリーです。
難易度がさらに上がるため、高得点が出やすくなります。

堀米さんのトリックは、ノーリー・270・ボードスライドです。

普段とは逆のスタンスのフェイキー(ノーリー)で270度回転しちゃってからの、ボードスライド。難易度超高すぎます。

ノーリーで270回転しながら、ハンドレールに入ってボードスライドをしています。

何がヤバいかというと、ボードをスライドをさせるハンドレールが視界から消えている事です。

これまでの自分を信じて、270度回転する。階段をジャンプして飛ぶのに後ろ向きで回転しながら飛んでいるって事です。もう奇跡です。

超人です。

ナイジャ・ヒューストン・Nollie HeelFlip Backside Lipslide

さすが、ナイジャ・ヒューストンというトリックです。カカトを押し出す様にしてデッキを回転させるとリックがヒールフリップです。

ノーリー(スイッチスタンスのフェイキー)ヒールフリップからのリップスライドというレールを越えてのボードスライドです。

このトリックも、スライドをするハンドレールに背を向けてデッキを回転させながらトリックをします。ハンドレールが見えていません。

ビンセント・ミルウ・Gap over Kickflip Frontside Lipslide

いやー、このトリックは大迫力でした。バンクと呼ばれるジャンプ台を利用して、デッキを足首を使って1回転させるフリップをして、ハンドレールでボードスライド。

めっちゃぶっ飛んでからのボードスライドです。高低差がハンパないです。

ケルビン・ホフラー・Faike Caballerial Nose Blunt

キャバレリアルとは、フェイキー360オーリーです。ハンドレールを越えてデッキの前側でスライドをしています。

かなりピンポイントなデッキコントロールが必要です。

ジャガー・イートン・KickFlip NosePic Grind

キックフリップをして前側に180度回転しながら、ハンドレールに前側のトラック(金属部)を掛けるというトリックです。

何がヤバいかというと、普通ハンドレールではこんなハイリスクなトリックはやりません。この東京2020で決めちゃうところがヤバい。

東京2020大会の参加者のトリックは本当に超ハイレベルです。9点は信じられないくらいの超難易度なトリックです。

堀米 雄斗・Nollie Backside 270 Noseslide

このトリックは、ボードスライドとは違いのがノーズスライドという事です。ボードスライドに比べると、描ける範囲が狭くなる為です。

これもまた、ハンドレールが視界から消えています。恐ろしい。

堀米 雄斗・Nollie Frontside 180 Nose Grind Revert

このトリックがやばいのが、ノーリーであること。そして、トリックをした後に180回転して元に戻しているところ。そのまま降りても良いところを、半回転して戻しちゃっているところが、おしゃれです。多くの人が金メダル獲得を確信したトリックです。

最後に

今回は、東京2020大会から正式種目となったスケートボード・男子ストリートの高得点のトリックを紹介しました。

記事を気に入っていただいた場合には、フェイスブックの「いいね」や、インスタグラムのフォローをよろしくお願いします。