スケボーのスピードはベアリングできまる、オススメを紹介

二番煎じベアリング、Nibansenji

ハンドスピナーでも注目される、ベアリング。選ぶポイントやメンテナンスについて紹介。

ハンドスピナーというものが人気があるらしい。調べてみると、手裏剣みたいな星型のものを指で回し、ただ回転させて遊ぶだけらしい。どうやら子供たちを中心に人気があり、授業に集中できない生徒がおおくなり、ニューヨークでは使用禁止の学校が出ているらしい。

日本でも人気がでていて、H29年4月に日本ハンドスピナー協会というものが創立されたそうです。そのうち世界大会でも起きそうな予感ですね。レッドブルあたりがスポンサーにつきそうです。

実は、ハンドスピーナーが回転するのに使われてるのは、ベアリング。スケーターはベアリングも重要な部品お一つであり、馴染み深いですよね。

これからスケボーを始める方にオススメをご案内します。

・・・

コスパがよく、性能、品質ともに一番いいのが『NIBANSENJI BEARING』

いままで、いろいろなベアリングを試してきた。その中で安めでよく回るベアリングは、ビーインワークスで販売している、『NIBANSENJI』のベアリング。

スケボーの上達にベアリングは重要だった。

実は、ベアリングって初めは安めを選びがちです。なぜかというと、デッキやウィールに比べると目立たないからです。でも、スケボーの乗り心地やスピードはベアリングの良さで決まります。スケボーは足で路面を蹴る、プッシュですすむため、ベアリングの性能で全く違います。

私も最初のころずっと、コンプリを買うとき、好きなデッキ、トラック、派手なウィールを選んで、ベアリングは安めでいいやなんて考えてましたが、間違いでした。

いいベアリングは、スムーズでスピードが持続でき、疲れも違います。ミニランプの時もかなりちがいますね。

ここにたどり着くまで、NINJA、 BONESなどを中心に使ってきた。両社ともに性能は申し分ないが、コスト、品質をおもうと『NIBANSENJI』がおすすめのベアリングです。

 

 

 

最後に、

知り合いのスケーターがスケボーをリサイクルしてハンドスピナーを製作

出典:YouTube MDAskater Channel