We love Keith Hufnagel

Source HUF Keith Hufnagel

キース・ハフナゲル

こんにちは、ジアライズです。

今回は、悲しいお知らせです。

オーリー、180、フリップなど全てのトリックがスタイルがあり、ずっと憧れていたキース・ハフナゲル(Keith Hufnagel)が伝説となってしまいました。このような記事は書きたくありません。

知らなかったのですが、脳腫瘍で2年間にも及ぶ闘病生活をされていたそうです。46歳の若さです。残念でなりません。

安らかに。 

キース・ハフナゲル(Keith Hufnagel)

キースは、リアル(Real Skateboards)のライダーです。自身のブランドのハフ(HUF)を主催しています。

私がキース・ハフナゲルを知ったのはやっぱりイースタン・エクスポージャー(Eastern Exposure)とトランスワールド(TransWorld Greatest Hits)です。

ニューヨークのスケーターは、それぞれ個性があるなと思っていましたが、キースはまスタイルが素敵すぎでした。

オーリー(Ollie)でここまで絵になるのか、同じリアル(Real Skateboards)のスケーター、クイム・カルドナ(Quim Cardona)と個スタイルのあるスケーターはやっぱり憧れます。

スケートシューズのディーシー(DC Shoes)からサポートを受けているときは、オールスター軍団でとっても好きでした。特にDC Euro Tour は以前もブログで紹介したほど本当に好きです。

80年代後半からニューヨークでスケートをしていたハフは、1992年にサンフランシスコに移住し、プロスケーターへ。

HUF

自身の名前から取ったブランドは、最初は一つのお店だったそうです。スケートボード、ウエアー、シューズを取り扱い重宝されるお店に。スケートボードはライフスタイルの一部であり、その世界観をブランドで表現しています。

メトロポリタン・ユーエスエー(Metropolitan USA)

1990年代にアメリカは東海岸のエリアのウィールブランドとし誕生しました。当時のライダーには、HUFことキース・ハフナゲル(Keith Hufnagel)やジーノ・イアヌッチ(Gino Iannucci)らスタイルあるスケーターが所属。

親会社のデラックス(DLX Distribution)がスピットファイアー(Spitfire Wheels)に力を注ぎ、メトロポリタンは休止。

キース・ハフナゲルがブランドを復活させた注目のブランドです。

R.I.P Keith Hufnagel | 1974-2020

出典:YouTube The Berrics Channel