Gabriel Rodriguez Rest In Peace

Gabriel Rodriguez Pest In Peace

2019.8.9

こんにちは、ジアライズです。
またしても、伝説のスケーターが46歳という若さで、この世を去ってしまいました。

ガブリエル・ロドリゲス<Gabriel Rodriguez>。
私が彼のスケーティングに出会ったのは、ガール<Girl Skateboards>の第2作目のマウス<Mouse>です。

彼は、ガールの兄弟ブランドであるチョコレート<Chocolate Skateboards>のライダーで、ガイ・マリアーノ(ガイマリ)<Guy Mariano>と似ているようで、似ていないような雰囲気が好きでした。

チョコレートのライダーは、スパニッシュな雰囲気があり、ガールとの差別化がしっかりしていたように思えます。

ガール・チョコレートのデッキはとても人気があり、特にチョコレートのデッキがセールデッキになることは少なかったような気がします。

さて、ガブリエル・ロドリゲスのスケートライフを振り返るのに、ベリックス<The Berrics>のサイトに詳しく書いてあったので、紹介したいと思います。

ベリックスのガブリエル・ロドリゲスの記事はこちら

出典:YouTube crailtap Channel

Gabriel Rodriguez has passed away at 46

ガブリエルは、1984年にロサンゼルスでスケートボードに出会ったそうです。12歳ぐらいだと思います。将来のチームメイトである、ルディー・ジョンソン<Rudy Johnson>が近所ということもあり、出会いがあったそうです。

80年代半ばには、スケートブーム到来。まだインターネットもない時代ですが、ガブリエルのスタイルは話題に。

パウロ・ディアス、ガイ・マリアーノと出会い、<LA Boys>として知られるようになる。

ガブリエルは、スポンサーミービデオをサンタクルーズ<Santa Cruz>に送る予定だったが、パウエルの共同創設者であるステーシー・ペラルタ<Stacy Peralta>がビデオを手に入れ、パウエルにスカウトをしたそうです。

ガブリエルは、仲間のガイマリ、ダニエル、ルディーもパウエルに加入できるように示唆したそうです。仲間想いですよね。

BAN THIS CH.6 L.A. BOYS

出典:YouTube Powell Peralta Channel

パウエルとは方向性の違いから、ガブリエルはワールドインダストリーズ<World Industries>のワン・オー・ワン<101>に移籍、ガイマリとルディーはブラインド<Blind Skateboards>に移籍。名作のビデオデイズ<Video Days>につながる訳ですね。

ディアスは後に、ステレオ<Stereo Skateboards>に移籍。

そして、1995年にLA Boysがガール・チョコレートという形で再開。ガイマリとルディーがガール、ロドリゲスとディアスがチョコレートです。

ガブリエルは2000年にスケートを引退。勉強への道を進んだそうです。放射線科医になることが夢だったと2011年のインタビューで語っています。

L.A. Boys Rudy,Guy,Paulo,Gabriel,photo:yoon sul 2016
L.A. Boys Rudy,Guy,Paulo,Gabriel,photo:yoon sul 2016