スポンサーリンク

スケーターオブザイヤーのブライアン アンダーソンを特集

スケーター紹介
ブライアン アンダーソン Photo from rolling stone

ブライアンは、今も昔も憧れのスケーターに変わりはない

こんにちは、ジアライズです。今回は1999年にスケーターオブザイヤーを獲得したブライアン アンダーソン(以下BA)を特集したいと思います。

トイマシーン、ガールに所属し、テクニカルでありながらダイナミックなスケートは多くのファンを魅了したとおもいます。私は、BAの縦回転気味の360 Flip(tre,possible)が好きです

1999年にスケーターオブザイヤーを獲得

THRASHER マガジンがその年に活躍したスケーターを讃えるのが、スケーターオブザイヤーです。1990年から始まり、レジェンド・Tony Hawk、万里の長城をスケボーで超えたDanny Wayが受賞しています。

スケーターオブザイヤー受賞者一覧はこちら

歴代のスケートオブザイヤーを紹介
歴代スケーター オブ ザ イヤーは大物アンドリュー・レイノルズ Skater of the year、訳してS…

ToyMachine “Wellcome to Hell”

ブライアン アンダーソン welcome to hell

Welcome to hell

Classics: Brian Anderson "Welcome to Hell"

はい、どうでしょうか。
縁石をにらんで、やっつけるBA。
ちょっと怖いですよね。

この頃も、Toymachineはメンバーがヤバイです。
私のなかでは、この頃がまさしくトイマシン。

  • Ed Templeton
  • Jamie Thomas
  • Mike Maldonado
  • Donny Barley
  • Elissa Steamer
  • Etc

Girl “Year Right”

ブライアン アンダーソン Girl"Year Right"

ブライアン アンダーソン Girl”Year Right”

Classics: Brian Anderson "Yeah, Right!"

まさか、ガールに移籍するとは思って言いませんでした。でもプールもハンドレールも巧みにこなすBAなら、Guy Mariano(ガイマリ)やMike Carroll、Eric Koston(コストン)がいるガールにまったく違和感がなかったです。実はこの頃、Prodもガールに所属していましたね。

スケートもライフスタイルも自由であるべき

ブライアン アンダーソン レーシーベーカー

Nike SB “Be True”BA & Lacey Baker

ゲイであることをカミングアウトしたBA。とても勇気がいることだったと思います。

打ち明けたら周りのスケーターがどのようか反応をするのかをならまれたとおもう。

しかし、仲間のスケーターは、「俺たちはスケーターで、これかも一緒にすべる、これからも何も変わらない」というメッセージをされたそうです。

私は、性の悩みについて意見をいえる立場ではありません。悩まれている方の苦悩など想像をすることができないからです。

私にとってのBAはこれからも憧れのスケーターで、それは変わることがありません。

彼がカミングアウトしたことで、同じ悩みを持ったスケーターの方、スケーターでない方もとても勇気を持つことができたのではないでしょうか。

スケートの醍醐味は自由であることです。
ストリートから生まれたカウンターカルチャーであり、ルールはありません。
いかにカッコよく滑るかをいつも考えています。

世界中で自分の表現が自由にできる環境が広がるといいですね。