スケーターにとって、シグネチャーモデルを出す事は夢だろう

スケボー

アメリカに発注して、スケボーを作ってみた。

スケーターにとって、所属しているチームモデル、自分のシグネチャーモデルの板を発売したり、実際に自分で乗ったりする事は、一つの目標だと思う。

うまくなって、スケートショップやパークのスポンサーが付き、もしくは代理店がついて海外のブランドのスポンサーが付く。努力と実力の結果である。

スポンサーは自分でつくる

通常、スケボーのデッキやウィール、トラックはスケートショップなどで購入できる。
好きなチームや、ライダーのプロモデル(シグネチャー)をかったり、やっぱりセールデッキがお手ごろだったり、色々な選択肢がある。

だったら、自分がデザインしたスケボーを乗るという選択肢もあっていいと思う。

ウィールやトラックを自分で作る事は簡単ではないので、デッキを作ることにした。

スケボー
実際に作ったデッキ

実際に乗ってみた感想

普通に購入したデッキと変わりはない。自分がデザインしただけあって、グラフィックをスライドなどで消したくはないが、そうもいかない。

自分で作ったデッキは、少しだけいつもよりよく跳ねる気がする、それは単に新しくなったからなのか

新しいモデル製作中

次回は、発注から届くまでをレポートします。